2006年08月30日

次を考える

乗鞍も終わっちゃったんで、一段落といった感じなのだ。
だらー。
秋の新作お菓子がうまいっす。


このままだと際限なく太ってしまいそうなので、やはり目標を設定することにした。
今年の残りをどうするか。候補はこんなところかー。

9/10:八方ヶ原
9/30〜10/1:塩原温泉HC
10/8:もてぎ7時間ED (エントリ済)
10/30:八方ヶ原
11月下旬:龍勢HC

八方は、9月は暑そうなのでリハーサル、10月を本番という感じにするつもり。
とか言って、10月は雨降っちゃったりして。

もてぎは真面目に走りますよ! 平地初めてなので、ドキドキです。
向いてるホイール持ってないんで、手組みのヤツで走ると思いますが。

塩原みたいな形式のレースは凄く興味ある。出たい。だけど、もう遠征費が無い・・。
龍勢はコースに新鮮味が無いので出ないと思う。
フィーが高いんだよなー、見物しに行こうかな。
まあ気が変わることもあるとは思いますが。
posted by KNIDer at 21:38| Comment(10) | TrackBack(1) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

朝から晩まで

今日は念のため休暇を申請しておいたのれす。

でもなんだか6時前に起きちゃったので、軽く走る。
夏だし、海でも見に行くか! ひさびさに葛西臨海公園まで。

あまりにもひさびさで、道に迷った。船堀辺りをウロウロ。世間は平日の通勤時間なので、街中を赤いラルプデュエズジャージで徘徊するのはちょっと浮いていたかも。
D060828B
なんとか着いた。おー、海だ!
ここはワコウドらしく、海に向かって何か叫ばねば!と思ったが、何も浮かばなかった。
悲しいのう、わしも歳を取ったものだのー。

という訳で今日は朝っぱらのみ、79km。

*************

続いてお昼から、渋谷へこの映画観に行った。
このあいだ行ったら満席だったが、追加上映期間、しかも平日なので、楽々。

マイヨジョーヌへの挑戦のほうは、2004年TDF、ドイチェテレコムの密着取材記録のようなもの。特にツァベルおじさん&アルダーグにスポットが当たっていて、おじさん好きには堪らん内容なのでは、と思った。んで、クレーデンは結構良い奴です。
その他にも、TDF会場設営の様子や、ラルプデュエズの前夜からの盛り上がり、いかにバスクの観衆が荒くれ供か、などが観れて結構楽しかったな。

オーバーカミング、こちらも2004年TDFのCSCを取材したもの。
あの栗りんが激怒した、ベルギーステージ(違うかも。ブルターニュの海沿いかも)でのCSCとディスカバリーの結託、それが結ばれるまでの経緯とか、なんかこんな内情まで放映しちゃってヤバくねえか?みたいな内容もあって驚きだった。

どちらも、TDFの綺麗な部分でなく、裏の部分が描かれているので面白かったな。
モチベーションが上がるような類の映画ではないです。
むしろ、プロってやっぱり過酷だな、と思う。

シアターはなんだか微妙だったな。途中、機材故障で30分中断したし。
空調も最悪だった。寒いか、暑いかしかないのかよ!極端過ぎんだよ!1本目は南極。2本目は熱帯。誰かが「空調入れてください!」と懇願したほど。そこからまた南極。風邪ひくってば。

*************

帰りにチクリッシモ第2号を買って帰宅。
エイムックのTDF本も出てたけど、今年は買わないことにした。
サイスポ今号の付録、あれで十分。読ませる記事が多く、かなり良かった。

これからヴエルタ観なくちゃね。なんだか今日は自転車ばっかだな。
posted by KNIDer at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ジテンシャ メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

乗鞍当日

4時15分起き。昨夜からの雨はすっかり上がり、良い天気のようだ。

支度して、アップの途中で集合会場の様子を見に行った。
6時半。なんと、すでにスタートの場所取りが始まっている!こんなに早いのですか!
慌てて私も並べる。あーあ、こんなに後ろになってしもうた・・・
アップもこれからだったのに。初参加なものであらゆる事がよく判らんですよ。

観察したところ、場所取り&アップを両立させる方法は以下の模様。私にはどれもムリ。
・スペア自転車を用意し、それを並べる。
・待機場所までローラーを持ち込み、ローラーしながら待つ
・(番外編)自転車の代わりに子供を座らせておく。←幼い姉妹で、可哀相でした。

待機している間、今日はこれを頭ん中でかけてみた。
調子イマイチな気もするけど、こういう気持ちで行くぜ。Never surrender!

8時2分、スタート。
男子Cは550人余りが一斉スタートなもんで、それはもうサバイバルな訳ですよ。
無理して飛ばして、どうにか先頭集団後方へひっつく。
はー、なんでスタートはいつもこんなに速いですか?振り落としですか?

しばらくしてペースは落ち着く。よしよし。

だけど、やっぱり間もなくチギれました。I surrender. すまんチャーチル。
この力の差はどうにもならんよ。

中盤で既にだいぶ弱っていたけど、石畳激坂区間で更に打ちのめされた。この区間しんどすぎ。これしきで音を上げたらベルギー人に怒られそうだけどね。まあ、わし日本人だし。この区間だけは、先にスタートした組のペースとほとんど同じ速度だった。

今日もいろいろな液体を鼻および口からぶら下げて登った。特に今日など何故か鼻ちょうちんが膨らんでしまい、あわてて割る。まさかallsportsなどに載るまいな。それだけはなにとぞ勘弁願いたい。

すっかり弱ってヨロヨロ登っていたら、いつの間にか背後に同組の人の気配。わー、追いつかれた。自分を入れて4〜5人?どーすんだ、ゴールはもうすぐだぞ。

残り1kmで先手を打つ。アタックじゃよ。先行していた分、いちばん脚は残ってるはず!
よし、ゴール来た!  ・・と思ったら、スパッと差されました。
がっくし。わし発射台だったのか・・。

リザルトは1時間10分10秒。年代別15位。10分切れんかった。
くそ、あと10秒くらい何とかならんかったかな。

ゴール地点の規則が厳しいので、そそくさと降りることにした。
せっかく初めての乗鞍なので、じっくり景色を眺めながら下る。今年は例年より天気が良いそうで、確かに眺めは素晴らしかった。春先の草津がジロ山岳なら、こっちはさながらTDF山岳だなあ。
D060827BD060827CD060827D

当然ながら着は取れてないので、風呂に入った後、ただちに撤収。

途中、間近で595+BORAウルトラまじまじと見ちゃった。カッコ良すぎです!
今日はスタート前に豪州ナショナルカラーのダモクレス、つまりマキュアン仕様自転車も見ちゃったし、まことに目の保養になりもうした。

どうやら、どんなクラス分けのどんなHCに出ても、年代別20位前後が定位置のようです。もう少し前でないと凌ぎ合い削り合いができないのかも、と思うので、来年以降に向けて対策を考え実行します。

それはさておき、初めての乗鞍、大変たのしゅうございました。
レース自体もですが、今回はいろんな方々とお会いできたのが良かったです。
posted by KNIDer at 22:31| Comment(12) | TrackBack(0) | ジテンシャ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

乗鞍前日

今週は乗鞍なのです。初参加。

輪行マンな私ですが、今回はMさん(ある坂道の俗称に、ご自身のお名前が付いているお方だ!)に声をかけていただき、同乗させてもらえることとなった。
ありがたいことです、ううっ。
結局、今年の輪行は草津の往路と鳥海だけだった。みなさまに感謝です。

朝、ちょこっとローラーに乗り、10時に所沢発。上信越で東部湯の丸まで行き、そこから一般道。佐久の辺りから仰ぎ見る浅間山は凄い眺めですね、裾野が雄大で。ヤマのあるとこに来たなー!という感じがします。

途中でコンビニに寄る。なんと、師匠とバッタリ。世間は狭いっす。今回来れるか微妙なほど多忙と伝え聞いていただけに、びっくりしました。なんと、宿も同じらしい・・。

梓川村の辺りで夕立に遭ったけど、ひとまず順調に乗鞍高原温泉街へ着いた。15時くらい。受付を済ませ、宿へチェックイン。宿は7人同室なのだが、師匠も同じ部屋だった。そのほかにもビッグネームな方が同室で、わたし少し緊張していたかも。

D060826A荷物置いてからヒマになったので、自転車で近場を散策した。試走は禁止との事前通知があったが、それでもこっそり走っちゃおうかな、と思ったけど、入口で係員が厳重に封鎖しているのでヤメといた。ついでに空気入れを置き忘れてきたのにも気づいたので、8kmほどウロウロ走って戻った。

夕食→明日の支度→風呂→就寝(21時)。

食卓で隣に鳥海山Tシャツ着てる方がいらっしゃったのでお話ししてみたところ、なんと鳥海山のレースで最遠方参加賞を貰っていた方だった。あの、愛媛から参加という方だ。
なんでも、復路は自走されたそうで・・・。8日間かかったそうです。(ここにもヘンタイさんが!)他にも、いろんな人がいて楽しい宿でした。

ちょっとうるさかったり、枕に馴染めなかったりで、寝付けたのは23時近く。
それでも5時間以上寝れたので、まあまあかな。
posted by KNIDer at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジテンシャ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

引き続き暑いっす

午前中だけ走行。2度寝したので短め。

自宅>R463>r262>r15>清流線>鎌北湖>エーデルワイス坂>
林道滝の入線>一本杉峠>シロクマ>物見山>荒川CR>自宅
123km。

== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 19:27| Comment(5) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

平地は暑すぎっす

6時少し前に出動。一路、名栗へ。またか。

自宅>R463>名栗湖>山伏峠>正丸下ル>刈場坂>
刈場坂北面下ル>物見山>荒川CR>自宅
150km。

== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

夏の装備

酷暑が続いてるのですが、無謀にも時々ロングを走ったりしている訳です。
いちおう暑さ対策、日焼け対策のような事をしてます。

D060808A・パールのUVアームカバー
ヘッドウェア(UVカット機能が付いてるらしい)
・ディクトン(日焼け止め)を顔と足に塗りまくり
・当然ダブルボトル、1つは体への水かけ専用
・コースは涼しい山がメイン

アームカバーは、使う前は暑苦しそうだと思っていたが、裏地はメッシュだし、実は割と涼しい。日焼けは完全に防げるので、走り終えた後の回復度がだいぶ違うと思う。
ただしMサイズだとかなり短く、伸縮性もあまり無いので、1つ大きいサイズを買えば良かったかな。私は腕が貧弱なので、太さは丁度良い。ちょっと緩いくらいかも。
私は使ってないが、レッグカバーもかなり快適らしい。おすすめである。

ヘッドウェアはチャーリーで買ったんだけど、後頭部から首筋にかけて完全に隠せるし、生地も薄いのでバッチリだ。原価は相当安いはずだけど、すぐれものなので仕方なし。
アームカバーと共に、色は白である。

D060808Bという訳で、こんなイデタチとなる。
(某所でいただきました、ありがとうございます。)

・・何してるんでしょうか?

決してドナドナな訳ではなく、崖下に落ちた何かを探してます。


もう少し暑い日々が続きますが、これでなんとか凌げそうです。
でもやはり午前中で切り上げが無難かな。
ぶっ倒れるくらいなら、少し距離が足りないくらいのほうが全然マシだ。
posted by KNIDer at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | ジテンシャ ソノタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

お盆帰省

日・月で実家へ帰省。
帰省といっても栃木の佐野なので、真っ直ぐ帰ると70kmくらい。
暑いので、正直にその真っ直ぐルートで往復した。両日ともに午前中行動。

13日: 自宅>荒川CR>桶川から県道と農道>R122>実家
14日: 自宅<荒川CR<桶川から県道と農道<R122<実家

計150km。(13日は市内散歩10km)


== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

お昼で終了

午後から雨だというので、本日は早上がりコース。
最近グループで走ったりしてる私ですが、初心に戻ってソロなのだ。ひゅ〜ん。

自宅>荒川CR>物見山>横松郷>弓立山>裏物見>荒川CR(右岸)>自宅
127km。

== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

ゆったり峠サイクリング

今日も走るのです。

woodbellさんに峠サイクリングへ誘ってもらったので、
絶対にサイクリングペースなのを念押しで確認し(笑)、参加させてもらうことにした。

今回はちゃんとサイクリングペースでした。ホッ。

自宅>入間大橋>名栗>山伏峠>正丸下ル>刈場坂峠>
GL南下>猿岩林道下ル>シロクマ>物見山>自宅
164km。

今日はデジカメ忘れました。泣

== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

奥多摩再訪

奥多摩を走ろう!その2。

しかし、私はまだまだ奥多摩新入生であるので、迷ってしまったら、この炎天下では生死に関わるかもしれぬ。今回はGo−Tさんにお願いして一緒に走っていただいた。

往路:自宅>所沢>青梅>二ツ塚峠>風張林道>奥多摩湖>丹波山村
復路は風張林道の代わりに檜原街道
197km。

== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 23:55| Comment(6) | TrackBack(1) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

焦ってる顔

D060802A毎度いつものとこで、自分を探した。2枚ほどハケーン。

「こんなハズでは・・」みたいな顔してんなー。

暑い日はキャップは被らないほうが良いのだろうか。なんか頭が妙に暑い気がして参った。汗が落ちてくるのは防げると思うのだが。

この日は首筋まで焼けた。ヒリヒリ。
posted by KNIDer at 22:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ジテンシャ ソノタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。