2004年11月17日

ルノートルのベーグル

lenotre

池袋西武のB1に、駅の通路に隣接してLENOTREというパン屋があるのだが、ベーグルが並べられているのがウィンドウ越しに見える。
前から気になってはいたのだが、パン屋のベーグルはがっかりする事が多いので、しばらくスルーしていた。
今日は魔が差した。
近寄って見る。プレーンとブルーベリーの2種類のようだ。
色をチェックする。白い。
トングで挟んでみる。軽い。
つついてみる。柔らかい。

・・ここで既に「買ってはいけないベーグル」確定なのだが、何も買わずに出るのも気が引けるので、1つずつ買うことに。それぞれ100円と130円。安い。

家へ持ち帰り、横半分にスライス。柔らかくて切りづらく、匂いも食パンと変わらない。ブルーベリーの果実はかなり黒っぽい。

で、焼いて食べてみることに。食べ比べなので、何もサンドしない。
ブルーベリーは表面がパリパリ、非常にクリスピー。この点、HOKUOのブルーベリーベーグルと一緒。
これはこれで割と楽しい食感なのだが、ベーグルとしてはいかがなものか。ひきも特にない。まあフランスパンの店にベーグルの味を求めるのも無理があるというものか。

やはり一般的な「パン屋のベーグル」。定義は以下の通り。
・品揃えにバリエーションを加えるための単なる一商品
・サンド用のバンズとしては安いので有用
・「専門店なのにマズいベーグル」よりは全然OK

こうして考えると、DONQやJOHANのベーグルは奇跡だと思う。
ちなみにルノートルはメロンパンが有名らしい。いつも行列ができている。


【朝ベーグル】マンゴオレンジピール(@ベーグルK)+クリームチーズ
【今日の練習】ローラー台1h、「ピンポン」観ながら。練習シーン、スーパーカーの曲の所でスプリントする俺ってやっぱ単純・・
posted by KNIDer at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ベーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。