2006年06月11日

富士当日

昨夜から雨が降り出した。
今年から某氏と同様に猛烈に雨男な訳で、多方面に申し訳なし。
レースは開催されるらしいので、気は乗らないが支度して会場入り。

出るからには真面目に走らねばならない。
えーと、目標はシルバー、即ち1時間15分である。
試走から10分近く縮めなければならないが、まだコッソリ諦めてない。

富士は勾配が一定なので、目標aveを設定して走ることが可能なレースだ、
私の場合、平均19.2km/hで走れば目標タイムとなる計算なので、
あとはメータのaveと睨めっこして頑張るだけである。
4合目までなんとかこのaveで粘り、そこから先の平坦区間は、
計画通り走れてきたならばボーナスステージ、遅れていたら挽回区間である。

私はいつも一定ペースなので、
今回のように一定勾配で計算が立てやすいコースはとてもありがたい。
争ってペースが乱れないよう、敢えて後方からスタートすることにする。
渋滞は覚悟の上である。

場所取り&待機の必要が無いので、直前まで吉田うどんテントの茹で釜の傍で、フル装備で寒さをしのいでいた。とても助かったけど、すっかり体がキャベツ臭くなってしまった。
ついでに言うと、アップもろくすっぽしなかった。
霊園まで行ってみたが、寒いんでさっさと帰ってきてしまった。


序盤は案の定、渋滞に引っかかり、満足に通行できない状態。
仕方がないのだ、脚を貯金していると割り切り、のんびり走る。
でも1合目通過時のaveが15km/hそこそこだったので、さすがに焦り、
ここらで上げていくことにした。

以降は、ほぼ20km/h以上で一定ペース。
計画より少し速いけど、別に無理な感じでもなかったので抑えないで行くことにした。
残り距離と、自分の脚の残り具合を計算し、ギリギリもつペースを保って進んだ。
やがてave19.2はクリアし、4合目先のボーナス区間は、平地でも出た事のない40km/h走行、ゴール前の厳しいとこは、いよいよあの技だ、「涎鼻水ぶら下げモガキ」でフィニッシュ。
久しぶりに口の中が血の味だ、3月の白石以来じゃ。

LAP
5km:16'14/10km:14'25/15km:14'30/20km:15'26/24km:9'53
TOTAL
1'10'28

D060611A結局、目標タイムより5分近く良い結果が出せた。
出来過ぎ。自分でビックリ。最大瞬間風速来たる。
先週あたりから、ちょっと体の調子が良いのは感じていた。
先月は弱くて全然登れない日が続き、かなり凹んでいたけれど、レースでぴったり結果が出て良かった。
願わくば、今年のピークがここでない事を祈る。

今日も脚は軽い感じで、おおむねスイスイだった。
今回のホイール周り、velomaxアセント2+veloflexレコード+maxxis蝿マークチューブのコンボも具合バツグン、なんでこんなに軽いんですか?
こんなの着けたら、もうこれ以外のセットではレースに出らんない。反則ですよ。

まあ帰宅したら後輪が見事にスローパンクしてましたけどね、
下りの途中でパンクしてたら、今日なら凍死でした。
次もこの仕様で行くかというと、相当悩む。

ちなみに私と同じ自転車の人はたくさんいた。やはり売れてるらしい。

雨だからといって、別に走りづらい訳でもなかった。
そもそも、最近雨に降られてばかりなんで、いつもと変わらん。
ただ、登って行くにつれて雨も酷くなり、衣服がどんどん水を含んで重くなっていくのには参った。汗拭き用の小タオルなんか何故持ってきたんだろう?すぐにビショビショになり、結局重りにしかならなかった。

ヘルメットの下にキャップを着けていったのはマル。
レインシューズカバーは外さないほうが良かったかな。靴も重くてつらかった。
でも半レーパンにシューズカバーって、なんか恥ずかしいんだよなあ。


それにしても、下りの寒さは参った。3回も休憩を入れるとは思わなかったよ。
ルハノじゃないけど、ほんとにギブアップしようかと思った。
前は見えないし、握力無くなってブレーキ握れないし、ハンドリングすらおぼつかないし、大きい事故は起きなかったんだろうか。
私みたいなショッパイ体でもあれだけ寒いんだから、体脂肪1桁な方たちは相当キツかったはず。おつかれさまでした。

やっとこさ北麓公園へ帰還し、うどん食べて撤収。
立ち寄り温泉で体を解凍し、さらに甲州カツ丼。
談合坂SAでコアラのマーチ。これでやっとこさ完全回復ですよ。
自宅帰還は17時。良い結果をくれたフランス号をメンテ、メンテである。
ようやくこいつと解り合えた感じだ。ありがとう。

そういえば、3日前から炭水化物しか摂らない食生活をしたら、
土曜からお通じがピタリと止まってしまい、
体の軽量化計画が台無し。皮肉なことに帰宅後に怒涛の排泄が始まった。
以後、慣れないことをせんことじゃ。
posted by KNIDer at 23:55| Comment(14) | TrackBack(3) | ジテンシャ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シルバー獲得おめでとうございます。
悪天候の中、試走の経験を活かして上手く走れたようですね。
下りではかなり冷えたと思います。まずは身体をいたわってあげてください。
Posted by Go-T at 2006年06月12日 00:13
Go-Tさんに教えていただいた通り、序盤は抑え目にして後半タレないように走りました。ありがとうございます。
試走しているとかなり違いますね、このあとどんなコースが来るのか判っているので安心感があります。
やはり少し風邪気味なので、2日ほどゆっくりしようかと思います。
Posted by KNIDer at 2006年06月12日 07:06
まいど!土日はお世話になりました。
しかし1時間10分とは凄いタイムですね〜
来年はアスリートクラスですね!
Posted by あか at 2006年06月12日 08:01
クラストップのタイムは知らないのですが、後方スタート、1合目までのペースを考えると優勝狙いも・・・。

KNIDerさすがでございます。
来年は是非クラストップ・・・いえ、アスリートクラス参戦、クラス入賞で頑張ってくださいね、荒川組のエースさん(^^)v
Posted by よっち at 2006年06月12日 09:45
こんにちは。某氏ですw
土日はお疲れ様でした。
いゃ〜ほんと凄い記録です。ぶち抜かれたときは好記録を予感しましたが、やはりという感じです。
また、ご一緒させてください。雨は我慢してくださいねー(^^)

Posted by kuma at 2006年06月12日 11:55
さすがの結果でしたよね。
「途中で追い抜かれたらついて行く作戦」だったのですが、
いつ抜かれたのか全くわかりませんでした(^^;
来年はアスリートクラスで頑張ってください。
我々のレベルで良ければ、またご一緒してくださいね。
Posted by きーじぇい at 2006年06月12日 12:11
ほんと、来年は雑誌の取材が来ますね!荒川ジャージが誉れ高い予感?
わたしも三日前から炭水化物中心にしたらお通じが悪くなりあせりました。まぁ、結局当日終わってからもうどん大盛食べたりしてましたが…(笑
Posted by やまぐち at 2006年06月12日 12:41
わたしも三日前から炭水化物中心にしたらお通じが悪くなりあせりました。まぁ、結局当日終わってからもうどん大盛食べたりしてましたが…(笑
Posted by やまぐち at 2006年06月12日 12:41
朝の軽量化に完全に失敗したワニガメです。
その上、Wボトルで挑んだのに、ほとんど飲まなかった。。。うーん、RECORDの軽量分は意味なかったですw
例のブツ、ありがとごじゃいました!
ああいうのやっぱし大好きなんですよ^^;
Posted by 赤いワニガメ at 2006年06月12日 18:33
昨日はお疲れ様でしたー。
あの抜かれた時のスピードは半端じゃなかったです!
さすがです。

私と山ご一緒の時がDHマシンで来てください。(爆)

練習にはならないと思いますが、またご一緒させてください!
Posted by kao at 2006年06月12日 21:11
富士山、お疲れ様でした。
好記録だったようで、これなら今年の鳥海山は、かなり期待できますよね。
その前に、美ヶ原がありますか!

私は、日曜は雨だったので、ダラダラとダメダメな一日を過ごしてしまいました。
Posted by hitotonoya at 2006年06月12日 21:32
>>あかさん
アスリートクラスなんてとんでもないです、まったく無理ですよ。笑
今年は同日に栂池があったので、速い人はそちらへ流れてますね。

>>よっちさん
いや、今回はたまたまハマっただけで・・。
だいぶ機材に頼ってしまいましたし、どちらかというと緩斜面のほうが向いてるので上手くいったのだと思います。なにより、車での移動だったのでコンディションが良かったです。
エースは、年齢からいってもコサカさんが良いと思います。もちろんリーダーはよっちさんです。

>>kumaさん
お疲れのところ、往復の運転ありがとうございました。
こうなったら、雨は好きになるしかないですね、お互い。笑

>>きーじぇいさん
最後のほうはもう必死で、どなたがどの辺りにいたのか全く判りませんでした。
最近は、きーじぇいさんたちの走るロングコースは私にはキツ過ぎで、こちらこそ手加減していただきたいです、どうぞよろしくお願いします。

>>やまぐちさん
来年は、同じくお通じで悩んだワニガメさんと一緒に、お通じ対策委員会を結成いたしましょう。
とりあえず、食事内容を急に変えるとお腹の機嫌が悪くなるのは判りましたね。

>>ワニガメさん
ワニガメさんは全然走り足りない感じでしたね、
近頃のワニガメさんのペースだと、来年は恐ろしく速くなっている気がします。「物見山グルグルで90km」は、もう伝説です。

>>kaoさん
なんか調子がよかったっす。
でもいつもは着いていくのがやっとで、前日の湖畔サイクリングもしんどかったです。汗
なので今後もやさしくしてください。

>>hitotonoyaさん
栃木も雨だったんですか、
あまり乗れない期間がやってきてしまいましたね。
私の今年の大目標は鳥海なので、それに向けて調整しようと思います。美ヶ原へ行くので、7月の八方は微妙なトコです。体力と金がありません。
Posted by KNIDer at 2006年06月12日 23:55
お噂はかねがねでしたが、こんなすごい方だったとは。(@_@;) つめの垢を煎じて飲ませていただきます。

私はアルコール中心の食生活により、朝からバリバリ軽量化に励んでおりました。(TεT;)
Posted by TET at 2006年06月13日 21:56
タマタマです、そんな誤解しないでください。汗
いつもはよっち教官の後ろにつくだけで精一杯です。
そういう軽量化作戦もアリですねw
Posted by KNIDer at 2006年06月14日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

富士HC
Excerpt: Mt.富士ヒルクライム大会に参加して参りました。 結論はか~んたんです。 未熟者め! 顔洗って出直せよ! おととい来いってんだ! 富士山から三行半を叩き付けられて尻尾を巻いて逃げ帰って来ました。..
Weblog: 遊び疲れた次の朝…。
Tracked: 2006-06-13 22:54

#3富士HC、最大の難関は
Excerpt: 朝4時に起床、早速外の天気を見にドアを開けると・・大粒の雨だった早朝にも拘わらず
Weblog: アルミとテツ
Tracked: 2006-06-13 23:16

Mt.富士ヒルクライムレース
Excerpt: 第3回 Mt.富士ヒルクライムレースへ参戦しました(^^)/ 6/13 暫定版取りました。 かなりの長文になってしまいましたがお読み頂ければ嬉しいです。 当日は5合目での写真の通りしっかりとした雨..
Weblog: ロードバイクで行こう!
Tracked: 2006-06-13 23:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。