2006年12月30日

こんな事をしでかしてました

今年の懺悔は今年のうちにしておくべきか。
昨日のエントリで過去の記事見たら、思い出してしまったので記録しておきます。

私と言えば安全運転、いつも道路の端をヨロヨロと走っておる訳ですが、
この日、事故を起こしてます。K察のお世話になってしまいました。

場所は物見山。小周回をやっていて、ここの信号を左折する際、かなり左に寄って信号待ちしている車がいて、脇をすり抜けようとしたらサイドミラーに肩が当たって壊してしまいました。

いやー、肩を怒らせて車から降りてきた人、どうみてもDQN!
それでなくても示談は怖いので、てっぺんの駐車場へ移動して、K察を呼びました。

相手は案外話せる人だったので助かりました。ミラーは外れる寸前。おかげで総取っ替えとなりましたが、後で届いた修理代の請求額も、思ったよりずっと良心的でした。

K察の方は「この辺り、自転車が危ない運転をしてるって、よく110番来るんだよ!」とか言ってきました。それはオレ関係ねー!とか思ったけど、とりあえず謝っときました。

うーむ。
常日頃からDQNは動くウ○コだと思い、関わるだけムダ、ただ避けるべし、と思って生きてきたんですが、通れそうもないスペースへ猛然と突っ込んだワシこそ、まさしくDQNですね。つまり、ワシがウン○。

そう思うと、もの凄くヘコみました。なぜ冷静に停車できなかったか。実につまんない場面での特攻。救いようがありません。

こんな事があって、帰りは真っ暗な気分で走ってたんですが、確か入間大橋辺りで、今や男前ギアですっかり有名になったヒサえもんご夫妻と、ひさびさに遭遇したのでした。
入籍した、と報告を受けたのもこの時でした。(笑)
こんな良いニュースを聞き、私は私で物見山での出来事を話せたので、悶々としてた気分が少し楽になったのを覚えてます。
もうあれから10ヶ月も経つんだなー。


このあと、賠償責任保険金付きの自転車保険に入ったりしました。
車の脇のすり抜けも、あまりやらなくなりました。
カーマイケル本にも、ランス談として「ドライバーにストレス与えるだけなので、するべからず。車の後ろで待つべし。」って書いてあるしね。
posted by KNIDer at 00:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ジテンシャ ソノタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
惜しい!(笑) この時は「来月入籍します」って
ご報告させていただいたのでした。

それはともかく、あっという間に1年経ってしまいましたね。
来年も今年以上にお世話になるつもりですので
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ヒサえもん at 2006年12月31日 00:42
あれは、これだったのかぁ。
まぁ、お役に立たないかもしれないけどドライバーという立場の時もあるので・・・いつでも相談、愚痴ってくださいな。

>車の脇のすり抜け…
結構考えさせられるエントリでした。
どうせ直ぐに抜かされるし、大型車の場合は尚更と思ってすり抜けは控えるようにしてます。
お互い気持ちよく走れるようにねっ。
Posted by よっち at 2006年12月31日 22:58
DHバー握りながらタクシーに突っ込んで自転車担いで走って逃げた私は・・・掛けられる言葉が見あたらないです(*- -)(*_ _)ペコリ
Posted by なおくん at 2007年01月01日 08:39
>>ヒサえもんさん
>>なおさん
どうもその節はお世話になりました。(笑)
入籍話は時期を記憶違いしてましたね、すいません。
お互い安全運転でまいりましょう!

>>よっちさん
すり抜けについては、難しいですね。大渋滞の時にも律儀にすり抜けしなかったら、いつになっても帰れなくなっちゃいますからね。小回りが効くという自転車のメリットを放棄するのは勿体無いとも思います。臨機応変に行きたいと考えてます。
Posted by KNIDer at 2007年01月04日 13:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30508518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。