2005年07月01日

ツール前夜祭へ潜入

nicenatureさんのご好意により、JSPORTS主催のツール前夜祭に潜入することができました。

会場に入ってみると、既に他の参加者様でいっぱい。座席には到底座れません。ああ、あと少し早く入れていれば。

・・・とか言いつつ、遅刻したのは私です。申し訳ありません。 m(_ _ ")m
しかし、結果的に陣取った場所はMC席のすぐ脇、いわゆる砂かぶり席で、とても満足できたのでした。近い、近いよ栗りんが。

D050701A2時間も何を話すのだ?と心配しましたが、特別ゲストの別府選手のトーク、ツールの見所解説、各賞予想、放送の舞台裏秘話、質問コーナーと、とても楽しい時間を過ごすことができました。これもサッシャさんのMCの実力でしょうか。さすがプロです。

別府選手はとても堂々としていて、既に雰囲気を持った選手でした。日本では野球で送りバントが評価されているように、ロードレースでもアシストの働きが・・・ええと、なんだっけ。

ああー!とても良い事を言っていたのに詳細を忘れてしまいました。とにかく、思わず唸ってしまうほど良い事を話していました。固い決意、目標が堂々スラスラと話せるということは、それだけ普段から意識が高いということ。とても頼もしく思えました。

D050701B
ツール予想のコーナーでは、栗村節が炸裂していました。栗りん、それが許されるなら私はボテストロングです・・。ちなみに話の流れで、予想が一つも当たらなかったら来年は解説を降板することになりました。栗りんサヨウナラ(笑)。

それと、前々から判ってましたが、今中社長がとても周りに配慮の利く人格者という事が改めてわかりました。去年、青嶋アナに傘を差しかける姿からも窺い知れましたが。

栗村さんのシメの、"ツールという長丁場、この期間は選手だけでなく、TVの前で観戦する我々も戦ってるんだ"云々のくだり、体が熱くなりましたよ。
とにかく名言の多い、楽しい宴でした。

その他、覚書。
・栗りん、「今年も選手をいじくり倒す」宣言。まずその場でマンセボーをいじくりまくり。
・栗りん、初心者へアドバイス。とにかくキーワードは「マキュアンのスプリント」!
・栗りん、本当は去年は中盤の山岳終了時点で、
 「今年のツールはもう(ランスで)終わった」と言いたくて仕方なかった
・実況・解説陣の着ボイス配信予定、月額200円。
 (あの人やあの人の「いちやむくいる」「しばいひん」もあるのか!?)
・今年は途中でドイツに入るが、そこはサッシャのお爺ちゃんお婆ちゃんの街である。

んー、とても書ききれん。

参加させてくださったnicenatureさん、あらためてありがとうございました。
来年は独力でゲットできるようがんばります。 (`・ω・´) シャキーン


posted by KNIDer at 23:55| Comment(0) | TrackBack(2) | ジテンシャ イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

前夜祭
Excerpt: &nbsp 面白すぎ〜特別ゲスト別府選手! サイクルショー以来だけど、自信に道溢れている感じ。面白かった。きぃわだらけだし 行っていた人達:Osamu Kurimura Die Tage des Fa..
Weblog: みのねっとぶろぐ
Tracked: 2005-07-02 23:33

ツール前夜祭に参加してみる
Excerpt: というわけで昨夜はJSports主催のツール前夜祭に参加しました。
Weblog: nature Day
Tracked: 2005-07-03 00:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。