2005年07月25日

閉幕

敢闘賞:ラスムッセン,ペレイロ,マッツォレーニ,ヴィノクロフ
殊勲賞:ザブリスキー,トーチニヒ,ヒンカピー
技能賞:マキュアン(頭突き)

特別賞:ランスの追っかけのテキサス人。さんざん笑わせてもらった。

ザブリスキー,バルベルデ,マンジャン,ラスムッセン。
悲劇的なシーンも印象に残った大会だった。

いよいよ来年は空位となった横綱にバッソが挑戦ですね。

そしてウルリッヒはちゃんこ屋開業。
posted by KNIDer at 00:30| Comment(9) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ウルリッヒはちゃんこ屋開業
素敵すぎる。
で、メカの弟と骨肉の争いですね(違)。

KNIDerさんの“3賞+1”素晴らしいです。
“特別賞”のテキサス人、スキンジャージをオーダーしちゃったんですねーwwwww
Posted by kumataro at 2005年07月25日 09:07
終わってしまいましたね。
結局、僕の予想はまったく当たりませんでした(笑)。
とりあえず、今週はゆっくり寝ます。
Posted by Go-T at 2005年07月25日 10:49
来年はバッソの対抗馬としてヴィノクロフに1票。
チームの体制次第では有り得ませんかねぇ。

果敢なアタックが見ていて面白い選手なので期待します。
Posted by xjmarin at 2005年07月25日 12:26
たまたま相撲の千秋楽を見たところ、異様な盛り上がりだったのでこんなエントリーにしました。

>>kumataroさん
テキサスの彼は来年はどうするんでしょうか?
ランスもういないし・・。悪魔おじさんの後継者になれる逸材なのに惜しい気がします。自転車で並走してるの面白かったな〜。

>>Go-Tさん
大丈夫です。私も各賞予想はひとつも当たってません。中継のクイズも、とうとう2勝どまりでした。

>>xjmarinさん
昨日のヴィノクロフ、やりすぎじゃないか?と思うくらい積極的でしたね。彼はワンデーレースのほうが向いていると思うのですが、アジア人ということもあり、応援したくなりますね。
私は来年はベロキ&マヨの角番大関に期待します。
Posted by KNIDer at 2005年07月25日 13:05
やっぱり、ランスが圧勝でしたか
マキュアンの頭突きがちょっと気になります
サイスポの大山田銀太郎のギャグにもなってましたよね!
Posted by hitotonoya at 2005年07月25日 19:45
あー、あの4コママンガですね。

頭突きはコレですね。何度見ても笑えます。
http://www.cyclingnews.com/photos/2005/tour05/?id=tour053/BOONEN22

ランスは強すぎて親近感が湧きませんでしたけれど、いなくなったら、それはそれで寂しいものです。
今年は全力を出すまでも無く勝ってしまった、という感じでした。
Posted by KNIDer at 2005年07月25日 23:39
>そしてウルリッヒはちゃんこ屋開業。
私も大笑いしました!
Posted by power at 2005年07月26日 08:22
>角番大関

Goodな表現ですね(^^;
Posted by xjmarin at 2005年07月26日 12:42
>>powerさん
どうもウルリッヒにはお笑い部門を期待してしまいます。
でも最後のTTは相当シリアスで、久しぶりに格好良いウルリヒが見れました。最後に勝ちたかったんでしょうね。

>>xjmarinさん
今年サボルデッリも復調できたことだし、ベロキたちも必ず復活できると信じています。
とりあえずヴエルタもあるので、出ていたら応援してみようかと。
Posted by KNIDer at 2005年07月26日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。