2005年06月20日

エウスカルテル

なにそのタイム、ふざけてるの?

 >>プロツアー チームタイムトライアル リザルト

貫禄のダントツ最下位、今年もやっぱりダメぽ。
posted by KNIDer at 23:19| Comment(0) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

L−B−L

22時からリエージュ〜バストーニュ〜リエージュを観戦。
90分という放送時間は、ダレずに集中できて良い感じ。パリ〜ルーべは長かったよ。

結果は知りつつもフォイクトを応援。まさかスプリント決着で敗れているとは。

ZIPPのディープリム着けたサーヴェロってのは、いかにも"戦闘機"という感じで、フォイクトにとても似合いって格好良い。あんな大型機関車がヴィノクロフと組んでしまったら、そりゃあ必死に追わないと捕まえられんだろう。

TモバのGIANTってのは、どうも見栄えがしない。何故だろう?
オンセの時はそれなりに格好良く見えたものだが。

解説の小林さんの落ち着いたトーンが心地よくなってきた。
たまにバッサリと切るコメントがたまらん。

・・・ボーヘルト堂々の3位(笑)。もはやこれは様式美の域。
なんだかんだでとても楽しかった。
posted by KNIDer at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

ジロがはじまる

いよいよジロが開幕する。
・・このあいだパリ〜ニース始まったと思ってたのに、あっと言う間だ。

RAIなどでストリーミング放送もあるようだが、やはりTVで観たい。
毎年のことなのだが、JSPORTSでの放送まで情報をシャットダウンしなければ。
でも自転車関連を一切見ないと、私のネット生活の大部分は閉ざされてしまうのであった。(´・ω・`)


プロローグの最初にチポ様が特別出走するらしいので、そこだけはチェックしようかな。
特製ジャージ見ておかないと気になって寝れなくなりそうだし。

出走表を見て展開を予想するのもとても楽しい。
今回はドミナのメンバーがすごく強力のような。ゴンチャール、ひょっとするとひょっとしてしまうのではないかい?
若手はセッラ,トーマス・デッケル辺りが活躍しそうだなあ。あ、カルペッツもいる。
ランカウイで活躍したルハノもまだ23歳なのか。

あー、早く放送日になってくれ。
・・・よく考えると5/21ってTOJと重なるな。こりゃ昼も夜も観戦で大忙しになる予感。
posted by KNIDer at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

チポッリーニも引退

cipollini突然知った、チポッリーニの引退。
・・・そうですか、寂しいなあ。ランス、タフィに続きチポ様もか。

レース見始めた時はスーパーマリオ全盛だっただけに、
スプリンターと言われて最初に連想するのは、やはり彼である。
ポディウムで祝福される姿がこれほど映えた選手もいないのでは?

おつかれさまでした。引退レースは何になるんだろう。
見納めに、最高の変態ジャージを着こなしてほしいのだが。

まさかツァベルおじさんまで引退しないよね。お願いしますよ。
そういえばトンコフって今年はどこで走ってるんだろう?全く見つからん・・。(´・ω・`)
posted by KNIDer at 22:03| Comment(5) | TrackBack(3) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

パリ〜ニース Prologue

各チーム、それぞれの事情があるんだなぁ。成績にムラがありすぎる。

>>プロローグ成績

CSCは仕上がりが早いと評判だったが、これほどとは。フォイクトただいま絶好調。
動かせる駒が多彩というか、運用性に優れたメンバー揃えてる感じがする。
  1  イェンス・フォイクト              ----
4 ウラジミール・グーセフ 0'03" (遅れ)
8 デヴィッド・ザブリスキ 0'05"
12 カート・アーヴェセン 0'07"
15 ニッキ・ソレンセン 0'07"
17 ボビー・ジュリック 0'07"
39 フランク・シュレック 0'11"
86 カルロス・サストレ 0'19"
== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

パリ〜ニース開幕

parinice_map実は去年までほとんどノーマークのレースなのだが。
しかし、今年からUCIプロツアーに組み込まれたので、
注目せずにはいられないようだ。
という訳で、ちょっと勉強しなおし。

・・・そういえば、ステージレースだっけね。(´д`;)
どうも春はミラノ・サンレモのイメージが強く混乱する。

運営はTDFと同じASOなんだな。各賞のジャージもTDFと同じデザインのようだ。
リーダーはイエローだし、山岳賞は赤水玉。ただし、敢闘賞は青でなく赤ゼッケン。
サッカーで言うとW杯に対するコンフェデ杯みたいなもんかね。

以下はリンク。ほとんど自分用。
 ・スタートリスト
 ・コースマップ
 ・テキストライブ&リザルト

ステージ優勝は約55万円くらい。総合優勝で約220万。安くね?
でもステージレースだから賞金総額だと約1656万と結構な額になるな。
相場がわからないので何とも言えない。

スタートリスト見ると、いよいよシーズンインという感じがしてくる。
・・・しかし、いくらランスが出るとはいえ、ディスカバリーのメンバーは強力すぎるぞ。
これでヒンカピーかハモンドが入ったらほとんどベストメンバーじゃないか?
ランスはどのくらい本気で走るんだろう?エースはアセベドっぽいけど。
サボルデッリって鎖骨骨折してたんじゃなかったっけ、平気なんだろうか。

エースで走るメルクス坊やとボエックラーに注目したい。そろそろエースナンバーも慣れてきただろうか。自国のレースで変に意気込まなければ良いが。

プロローグは4kmのITT。
どっかでストリーミングやってないかな。
posted by KNIDer at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

「ミロ」を買う

miloことのほか楽しめた今回のツール・ド・ランカウイ。今夜から再放送が始まった。22時からという良い時間帯。しかし私はまだ見れずにいた第10ステージのビデオを観ながらローラー台に乗る。
裏でレース中継やっているのに敢えてビデオでのレース観戦。なんたる贅沢(?)。
チェラミケのペレス+日本人3人の逃げや、栗村監督の思いっきり私情の入った解説を堪能する。監督、ブログも更新してくださいね。

ところで、帰りの買い物で、何かよく判らんがフラフラと「ミロ」を買ってみた。LTdLのスポンサーなので、選手が連日、このロゴの入った緑色のボトルを使用していた。それを見ていて少し飲みたくなったのも理由の一つ。後は、こんな楽しいレースのスポンサードありがとうの意味も込めて。・・・まあ日本で買ってもネスレ日本しか喜ばない訳で、これはあまり意味が無いのだが。

走った帰りなどに自販機でミロを買うことが結構ある。疲れた体に小さい缶のミロ、沁みてうまいっす。甘い補給ドリンクなら、1位コーラ、2位ミロ、だなあ。
買ったばかりということもあり、今日はローラー台の後でプロテインではなく、ミロを無脂肪乳で飲んでみた。やっぱりウメー! でも300gもあるので、飲み終えるのは一体いつになるだろうか。
posted by KNIDer at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

買物と LTdL Stage 9

サドルをアリオネに変えてから、ポジション調整を繰り返しているうちにシートクランプのボルト穴をすっかりなめてしまったので交換することにした。シートクランプなんて近くの自転車店でも買えるのだが、中目黒の某店まで赴くことにした。そこにはLIVE STRONGがバラで置いてあるという。友人に分けてもらった唯一の一本を何たる事か少し前に紛失してしまったので、改めて買おうと思ったのである。

お店はすぐ見つかり、シートクランプも購入。ところが、LIVE STRONGは見当たらない。お店の方に聞いてみたところ、もう在庫が全て無くなったとのこと。。・゚・(ノД`)・゚・。
他にバラで分けてくれているお店はないだろうか。新宿のY系のお店にもあったようなのだが、去年の話。ネットオークションにたまに出ているが、それは激しく趣旨から外れているので買うつもりは全く無い。
ここはやはり個人輸入するしかないのかな。

無念な気持ちが収まらず、衝動的にアンジェリーナのモンブランを買って気を晴らし、帰宅。
・・なんだ、この解消の仕方。

その後、LTdL第9ステージを見る。

== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 20:23| Comment(2) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

LTdL Stage 8

今日のボディウムはまるで教育テレビの様相を呈してます。コージ選手、なんだか凄く楽しそうです。

リーダージャージは失ってしまったけど、まだアジアンリーダー。
2位のトントン・スサントに抜かれないよう、残り2ステージ頑張って欲しい。
しかし「トントン」って親しみ易い名前だな。
そういえば卓球女子でミャオミャオだかミャウミャウという選手もいたっけ。

それにしてもコックスとルハノの上り対決は見ごたえがあった。やはり心情的には小さいルハノを応援してしまう。あんなに小さいのに第4ステージのTTは3位に入っているし、まだ22歳。世界は広い・・・。

リーダーから落ちてしまい、少しだけ身軽になったコージ選手。
明日からまたアタックしだしたら絶対笑ってしまいそうだ。
posted by KNIDer at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

LTdL いよいよ明日は山場

第7ステージも終わり、康司選手はとうとうゲンティンまでリーダージャージを守ってしまった。チームの皆様、大変お疲れ様です。晋一選手のレースレポートによると、毎日序盤で細かいアタックがあるので、それを潰すためにチームメイトはかなり消耗しているそうである。中継だとそのような場面はあまり写らないので、「今日はなんだか穏やかだな〜」などと思ってしまうが、実はそんなことはないのですね、すいません。

今、思い返すと、康司選手がこのときに食べたのは、きっと悪魔の実だったんだな。逃げ逃げの実。
でないと、あの暑い中、山岳を含む172kmを平均39km/hなんかで単独走破できません。
(・・・わかりづらいネタですいません。)
まあ、以前から逃げまくってましたが。

中継のエンディング画像も康司選手の優勝シーンに差し替えられていた。JSPORTSの中の人、仕事が早いです。いやー、何度見ても感動的なシーンだなあ。明日はいよいよゲンティンハイランドへの頂上ゴール。難しいレースになると思うけれど、結果はともかく、熱い走りを!

砂田さんの日記にも応援のエントリーが。もっとやったれ!と。
暖かい視線で書かれていて、感動してしまった。
posted by KNIDer at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

コージ祭りを巡回

昨日の康司選手の優勝に興奮冷めやらぬ訳で。
一夜明けた今日、ネットで自転車関連のサイトを巡回すると、あちこちでスゲエとかヤッタゾとか感動したとか、まあ出るわ出るわ・・。どこもコージ祭りです。その中でも、一緒に走った事のある人や、関わりのある方々はやはり凄く熱い感想を書いていて、ついもらい感動してしまう。なんだか日本中が大騒ぎしているような錯覚に陥る。

・・しかし世間一般メディアには、あの素晴らしい活躍も全く紹介されてない。探し方が悪いのか?スポーツ誌のweb版はおそらく全滅。トーチュウもダメか。スポーツナビも共同通信も出てない。出てくるコージは中田浩二ばかり。悲しい。

でも密かに日刊スポーツのインターネット連載「新弥のDAY'S」には期待している。後藤新弥さん、きっとコラムを書いてくれるはずだ。


TDLの情報はやはり実際に参加している人の話が一番貴重だが、今のところ一番早くアップされるのは別府史之選手のblogのようだ。夜には更新されている。サイクリングタイムがバックに控えているからなぁ。あとはアンカー関連、小松メカニックや田代選手の日記も深夜は更新されているのでありがたい。

福島兄弟の日記は全く書き込みが無いけれど、まあ状況が状況なので。しかし、晋一選手のレースレポートは第2ステージまで入っていた。最初のステージから康司選手のアタックについてはいろいろ選手間で牽制や確執があったようだ。「アタックかけようとしたらブラウンにジャージを捕まれた」なんて、まあいろいろとあるんだな。優勝したステージのレポートはいつ載るか楽しみだ。明日以降、アンカーはリーダージャージを守る動きをしなくてはならないので頑張って欲しい。去年のTDFでボエックラーを必死に援護したパン屋ボーイズのように。

日付が変わり、そういえばNIPPOのサイトが2月1日にリニューアルオープンのはずだった事を思い出し、覗いてみた。・・・2月20日へ延期になっていた。日本鋪道、サイト工事延長。一瞬、荒川の秋ヶ瀬橋北の道路工事とダブった。
posted by KNIDer at 23:50| Comment(3) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

LTdL Stage 3

jc04_kozyもうこれだけ大きいニュースになってしまったので、ネタバレも何も無い気がする。こんな嬉しい結果を伏字で書くのはとてももどかしいので、もうやめてしまう。とにかく、

福島康司選手、おめでとうございます、そして感動をありがとう!
(写真は去年のジャパンカップ)

今日もスカパー観戦オン・ザ・ローラー台。
DNSネタ、スタート直後のアタック、ボトルシャワー、そしてカメラパフォーマンスという数々の康司選手のネタを堪能し、加えて、小松メカニックの神業的ホイール交換&鬼押しも見れ、楽しく汗をかく。今回のアンカー、国際映像でオイシすぎる。
「浅田さん、何か喋ってくださいー!」っての、シアムで晋一兄さんも逃げてるとき言ったそうな。逃げてるときは不安なので、とにかく何か情報が欲しいとのこと。最悪、歌でも良いらしい。

突然、中継が残り10kmの画像にワープして焦る。おいおい数十kmもカットするな。
とにかくまだコージー逃げてる!もうローラーが手に、いや足につかない。とっとと台から降りてTVの前へ。
コージベンガ!ベンガ!これはきっと逃げ切れるぅ!

レース中継で日本人が優勝するシーンがこんなに早く見れるとは。そしてこんなに感動するとは。汗を拭きながらゴールシーンを見ていたが、スタッフの方と抱き合うところなど、もう汗では無くいろんなものが体内から出てきていた。現地の小さい子もコージコージと祝福。愛されてるよコージ選手。

明日以降はジャージを守る立場なので、もうアタックはさすがに見れないだろう。代わりに、今度は他のチームメイトの仕事が始まる。鈴木真理選手を加えた今期、チームはどんな走りでプロトンをコントロールするだろうか。とても楽しみだ。エースとしてのコージ選手、おきなわの時みたいに兄さんに怒鳴られ通しになければよいが。w)

一日ずっと逃げたので、ジャージもほぼ独占。凄い。
今日のビデオは永久保存版だ。ツメは折ろう。
とりあえず再放送のためにこれからDVDレコーダー見てきます。
posted by KNIDer at 18:40| Comment(2) | TrackBack(4) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

LTdL Stage 2

今日も放送は16時半から。放送開始直後、「予定を変更して〜」とおわびテロップが流れる。そうそう、少し前まで生中継有りという話だったのに、直前になって全て録画放送になってしまった。昨日、白戸さんが「スマトラ沖地震の影響で生放送できなくなった」と話していたが、イマイチ原因がよく解らない。中継施設でも壊れたのだろうか。
まあ生中継されても、日本時間でも昼間になってしまうので、平日だと間違いなく見れないから別によいのだが。そういう意味では、TDFはココしかないという時間帯(18時〜翌1時)で生中継が見れるので、素晴らしいと思う。こういう時差はありがたい。== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

LTdL Stage 1

今日からツール・ド・ランカウイがスタート。JSPORTSの録画中継を予約したので、家に帰るまでネットでレース情報を見ないように気をつける。21時からローラー台に跨り、バーチャル生中継スタートである。

(以下ネタバレあり)
== 続きを読む ==
posted by KNIDer at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

TDL開幕前夜

Langkawiツール・ド・ランカウイがいよいよ明日開幕です。アジアで開催されるサイクルロードレースで最も高いHCカテゴリー、そこへ日本のブリヂストン・アンカーチームや、おそらく世界最強チームであるディスカバリー・チャンネルに移籍した別府史之選手らが乗り込むのです。

ディスカバリーはアセベドがエースだと思いますが、別府選手も「ステージを獲って来い!」と言われたそうなので、必ずどこかでチャレンジしてくると思います。また、先日ツール・ド・シャムで総合優勝したアンカーの福島晋一選手はアジア・ツアーのリーダージャージで登場しますし、弟の康司選手はもともと現地で凄い人気の選手。注目です。

ディスカバリーやリバティセグロスといった世界のトップチームを向こうに回し、日本のチームはどのくらい仕掛けられるでしょうか。日本中の自転車ファンが注目しているのではないでしょうか。特に埼玉人な私としては、地元のチームという思い入れもあるので、活躍を願ってやみません。荒川でよくお見受けしますし、ぜひ頑張ってほしいです。

明日の第一ステージは現地時間で午前9時半スタートとのこと。日本との時差は1時間ですから10時半スタートになると思います。お昼には結果が出ているでしょうか?なんだか仕事が手につきそうにありません。まあ、ここ数日進めていた仕事に今日突然中止命令が降り、明日は結構ヒマだと思うので、ちょこちょこ経過をチェックしようと思います。

ビデオタイマーは既にセット完了。公式サイトでアンセムをDLしてみたりして、気分が盛り上がってます。曲はいかにもなアジアンポップですが、最後「ツール・ド・ランカウィー」と歌ってるところだけ聞き取れました。また自転車テーマ曲プレイリストに加えておこう・・。

このツール・ド・ランカウイ、長いんで「TDL」で行くことにします。巷で「TDL」とは、何故か犬を飼っているネズミの王国の事を指すらしいですけど、私にゃ関係ないです。
posted by KNIDer at 22:04| Comment(2) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

ジャージ百花繚乱

team05新シーズンのチームプレゼンテーションが続々と行なわれている。
今日はファッサボルトロの様子が報じられていた。

シーズンが変わると同時にジャージも多くリニューアルされるので、この時期はそんなニュースに注目している。プロツアー登録チームは、TDUのチーム紹介で多くを確認することができた。しかし、スペインのチームはリバティセグロス以外、ネットを漁ってもほとんど画像が出ててこない(泣)。

今回花マルをあげたいのはドミナバカンツェ
去年のモノトーンから一転、リゾート気分満開だ。こちらのほうが旅行会社らしい。
ドミナはランカウイにも出る。椰子の木の絵が現地の映像にぴったり馴染みそうで楽しみだ。
公式ページでの選手の笑顔っぷりが微笑ましい。フルランなどは一杯入っちゃってるとしか思えない。

一方、「サドル内蔵型?」「あれ穿いてたらコンビニにも入れねえ」などと散々な評判なのがランプレのレーパン。サエコの赤ジャージの面影が全く無いだけでも寂しいのに、このデザインはどうなんだ。なぜパッドの部分だけ色使いを変えるのだろう?
ジャージを供給するkappa、サッカーのユニは格好良いのを作るのにな・・_| ̄|○
posted by KNIDer at 19:45| Comment(0) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

"SHARE THE ROAD"

sharetheroad.jpg近年、オージーの活躍が目ざましいので、彼らがこぞってエントリーしているTDUも、毎日興味深くリザルトをチェックしている。
ヴエルタで笑わせてくれたマシュー・ホワイトは相変わらず楽しいキャラのようだ。

ところで、公式サイトで各賞のジャージを見ていたところ、新人賞ジャージに目を奪われた。胸のスポンサー部に、サイクリストと自動車が並ぶ絵に"SHARE THE ROAD"の文字が入っている。

どうやらオーストラリア南部の「TRANSPORT SA」という輸送・都市計画の統括機関のキャンペーンで、ここ数年継続して新人賞ジャージのスポンサーをしているらしい。なんて素晴らしい事だ。リーダージャージではないけれど、それなりに注目は集めるだろうから、訴求効果はかなり高いのではないか。

そう、日本でも必要なのはこの"SHARE THE ROAD"の精神なのだ。
一般道を走るときは、私もこのジャージを着たいなあ。
ドライバーは気づいてくれるだろうか? かえって煽られたりしてね。

(※1/24追記:この件についてはTB先のSAT.さんの「只管打坐」もぜひご覧ください)
posted by KNIDer at 21:59| Comment(0) | TrackBack(1) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

別府選手の出場レース

オフィシャルサイトに4月までの出場レースが発表されています。

とりあえず直近のレースは今月末のランカウイ。
あとは3月にベルギーで2レース、4月にフランスとアメリカで1レースずつとのこと。
このアメリカのレースはツール・ド・ジョージアです。
(どうでもいいけど、去年までツアー・オブ・ジョージアって呼んでたような・・)

ランカウイはJSPORTSで放送があるので楽しみです。まだ出場「予定」なのですが、本当に出場となれば、かなり盛り上がれそうですね。

その他のレースは正直全然馴染みが無いのですが、
cyclingnewsのUCIレースカレンダーを見ると、大体どのくらいの位置づけなのか分かりますね。

このカレンダー、国内のレース(ツール・ド・北海道,ツアー・オブ・ジャパン,ジャパンカップ,ツール・ド・おきなわ)もしっかりカバーされていて驚きです。


blogには監督との話し合いの記事があり、それによると、チームとしては数年スパンでの育成を考えているので、今年は大きなレースには出ないとのことです。
少しずつ、着実に。それはとても良いことかもしれませんね。
posted by KNIDer at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

去年の回顧

ぼやぼやしていると、ツアー・ダウンアンダーなど新シーズンが始まってしまう。
その前に、昨年のレースを回顧し印象深かったシーンを5つほど。

・パリ〜ルーべのムセーウ&パンペテヘム、ゴール前の握手
ジロでのクネゴとシモーニ、ポディウムの和解
・ツール17ステージ、マドレーヌ峠でのシモーニvsヴィランク
・ツールでのパン屋ボーイズの活躍(イイ写真!)
・パリ〜ツールでのデッケルの逃げ切り

2月に悲しいニュースがあったり、
ヴィランク、ムセーウ、バルトリらが引退してしまったけれど、
新しい選手も出てきて、制度も大きく変わり、新シーズンも楽しみだ。
posted by KNIDer at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

’05チームジャージ

来年のチームジャージのお披露目が始まってるようですね。
 ・ディスカバリーチャンネル
 ・ロット・ダヴィタモン
 ・Tモバイル
 ・クイックステップ
 ・リクイガス

ディスカバリーチャンネル、(・д・)ビミョー。実物見たら格好良いのかも。
新チームのランプレ・カッフィータやデナルディ・ドミナ、ブイグテレコムがどんなジャージとなるか楽しみだ。


昔みたいな派手派手ジャージは減ってきた感じがする。これは洗練されてきたと言うべきなのだろうか。カレラのジーンズ柄レーパンや、アクアサポーネの全身シマウマみたいに、個性的なジャージの登場を願う。チポ様は来年も一発ネタジャージやるんだろうか。

個人的にはこのジャージが好きだったなあ。ビッグマット。
去年タキザワで売ってたけど、このレプリカ着る勇気は無いっす。
bigmat03
posted by KNIDer at 18:16| Comment(3) | TrackBack(0) | サイクルロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。