2006年06月02日

久しぶりの観戦じゃ

D060602A今年初のナイター観戦。
もちろん我が愛しの東京ヤクルトスワローズ戦じゃ。
何故かシーズンシート、超良い席。ありがとう友よ。
相手はバファローズ? おー、動く清原!

土壇場で全てひっくり返す清々しい展開、
わしが観に来てるのにめずらしいな、勝つなんて。

駅蕎麦、やきそば、ホットドッグ、赤飯にぎり。
更に祝勝会を寿司屋で。

派手にカーボローディングし過ぎた。
しかも1週間違えてるだろ、それするの来週だから。
posted by KNIDer at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ(ヤキウ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

キヨマー要らん

清原!? 絶対要らねえよ!

微妙な成績の第2外国人を偏愛する私(ベッツ、COME BACK!)としては、
来期もファーストはリグスで決まりなのだ。
ダメなら宮出、ユウイチ、畠山、武内のいずれか。

高給取りなのにすぐ怪我する筋肉番長など、扱いに困るだけ。
望まれている球団があるのだから、そちらで活躍すれば良いではないか。
ついでに不真面目な鈴危険も要らん。(華麗なバットコントロールは正直萌えるが)
それにひきかえ、リグスは良い、なんだかいつも必死だ。w


古田新体制のスタッフはイマイチ不安だ、
伊東昭光ヘッド、一軍投手コーチが成本というのはマジか?
尾花コーチは戻ってこないのか、小谷コーチはどこ行った?

・・・なんと読売でした。
貴重な人材が、よりによって読売に流れているとは。
更に、この2人に加え中島国章渉外担当まで。

実はコレ痛いです。
スワローズの歴代優秀助っ人連れてきた人ですから。
ブロス、ホッジス、ハウエル、ホージー、ペタジーニ、ラミレス。

普通の監督に率いられ、普通の助っ人が入る打線を組む読売は、今後ちょっと怖いな。

まあスワローズが一番やらねばならないのは、古田監督の流出なんですけどね。
石井弘寿はどうなってしまうんだろか。
立命館繋がりで長谷川とか格安で来ないかな。
平本、いいかげん開花してくれ。
posted by KNIDer at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ(ヤキウ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

雨中の観戦@神宮

JINGUイーグルス戦at神宮球場。

意外にも首位を走る我がスワローズ、観客も「なーに、いつでも勝ち越せるさ」といった空気が漂う。
俄かに霧雨が振り出し、試合のほうも互いに決め手を欠く泥仕合へ。
やがて「まさか楽天戦で取りこぼす訳にはいかん」という変なプレッシャーがのしかかる。そういう意味で楽天は非常に恐ろしいチームである。

ジロが始まる時間になっても決着つかず、凍えながら延長戦を見守るが、
なんと最後に競り負ける。ショックでかいぞ。これで風邪ひいたらシャレもならん。
打ちひしがれて帰途へ着く。


ジロのゴールにはなんとか間に合った。
さて、明日も出勤なのだがサッカーを見るべきか・・・。
posted by KNIDer at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ(ヤキウ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

連勝連敗しかできんのか

○●●●●○○○●●●●○●●○●○○○○○●●●●●○○○○○○○

 → これは今年のスワローズの成績。強いんだか弱いんだか。
   波が大きすぎて、どうも変だ。
   まあ明日から楽天、オリックスと続くので連勝を伸ばしたい。
posted by KNIDer at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ(ヤキウ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

皮算用

swallows石川 12,藤井 12,石堂 10,ゴンザレス 10,高井 8,
鎌田 8,川島 8,河端 5,三沢 3,
石井 3(8S),五十嵐 2(30S)
やっべ、少なく見積もって既に80勝越え。
優勝しちゃうwww。 ・・・それは無いか。

新球団・ライブドアに負けない勢いで頑張ってほしい。
「将棋で言えば詰んでいる!」ワロス.
posted by KNIDer at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ(ヤキウ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

スワローズファンとして

20年来のスワローズファンとして、このニュースは放っておけない。

ラミレス・ジュニア自転車通勤させて

 ヤクルト・ラミレスの義理の息子で、今季から入団したアレックス・ラミレス・ジュニア投手(21)が、球団側へ決意の自転車通勤を直訴していることが14日、分かった。多菊球団社長が明らかにした。
 ジュニアは魚アレルギーのため寮生活が免除されており、義父とともに神宮球場からほど近い都内のマンションに住む。そこから埼玉・戸田グラウンドまでは片道20キロ以上あるが、ジュニアは自転車で通う意向を球団に伝えてきたという。
 多菊社長は「体力的に不安な部分もあるだろうから、鍛えるという意味があるのでは」とその心境を代弁。しかし、約2時間の長旅になる上、通勤路は交通量が多く、事故の危険性も考えられる。球団側は許可しない方向だ。
ソースはここ

極度の偏食とか、投手なのに球速はMAX120km/hとか、とにかくネタ満載のですが、今回はなんとチャリ通の直訴ときました。ああ、もう最高です(涙)。

でも今回の話、最短ルートの川越街道を走ると確かに危険ですが、戸田グラウンドは荒川サイクリングロード沿いにあるので、とにかく荒川まで出てしまえば、それからの道は全く危なくありません。このコースを取ると往復50km以上になるので、それだけでも基礎体力の強化につながるはず。ここはひとつ、球団幹部さん、ダメもとで許可してあげてはいかがでしょう?

・・あ、でもメットは被せてあげてください。野球用でなく、ちゃんと自転車用のやつを。

なんなら最初はオイラが神宮から戸田まで前を引いてもよいですよ。(・∀・)
戸田グラウンド、ウチからすごく近くだし。

オラ、ジュニア、ついて来いや!
posted by KNIDer at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | スワローズ(ヤキウ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。